小型カメラはさまざまな場面によって使い分けましょう

小さいカメラ

証拠集めに適切な小型カメラのタイプとは

ボールペン

セクハラやパワハラをする人は、第三者がいない場でそのような行為をすることは珍しくありません。そのためセクハラやパワハラを受けた人が被害を訴えても、他の人に伝わらないことも十分に考えられますので、被害を訴えるためには事前に証拠集めをしておくことも大切です。そこで証拠集めに小型カメラを利用してみてはいかがでしょうか。
小型カメラは、小型カメラ専門店で購入することが出来ます。証拠集めに利用できる小型カメラのタイプとしては、ペンタイプや衣類に付けるボタンタイプ、メガネタイプ等の様に身に付けられるタイプ、ペットボトルタイプやキーレスエントリータイプ等の様に身の回りに置く小物類タイプ、照明に取り付けるタイプや置時計タイプ等の様に家具のとして設置できるタイプに分かれます。会社の中の様に移動する場で利用する場合は身に付けられるタイプ、車の中で利用する場合は小物タイプ、決められた部屋の中で利用するタイプは家具として設置できるタイプを利用すると良いでしょう。
しかし証拠集めとして利用する前には、どのように身に付けたり設置すれば音声や画像を残すことが出来るのかをチェックしておくことも必要です。Wi-Fi対応タイプですと利用しながらスマホ等で映像をその場で確認できるので便利ですが、そうではない場合は一度利用してみて確認しておくことが、証拠集めの重要なポイントにもなります。

更新記事リスト

TOPへ